2009年06月10日

『流れ星』(舞台)

はい、今年も行って参りました。
アイラブ東京セレソンDX!!

やっぱ、いいよね、セレソン。
いいんだょ、いいんだってばょぉぉぉぉぉぃ!!

セレソンの中でも大好っきで大好っきだったきよしさんが昨年退団しちゃったのが残念だけど。
でも当たり前だけど宅間さまは健在だし!コッシーもコッシーのままだし!!
きよしさんは芝居舎「然」で応援するとして、やっぱセレソンはイイ!!

もうさ、本当に宅間孝行さまという人は何だろうね?
すごすぎるよ!!すばらしすぎるよ!!
(ちなみに今年から脚本家名もサタケ名から宅間名になったぽ)

宅間さんの書く男達は皆すげぃイイ男だぉぃ!!
どいつもこいつも、実にすばらしい愛し方をする男達なんだぉ〜。
女なら、あんな風に愛されてみたいもんだょ…。
なんかさぁ、なんでこんなに女の心情を旨く表現しちゃうんだろー。まじすげぃ。

役者さんとしても、マジですげぃよね。
そこにいるだけでドスンとやってくるあの存在感。
でも、他の役者さんを邪魔しちゃうよーなのじゃなくて、
同じトコに立ってるのに、それでも感じるオーラ的な。すげぃです。
まじで尊敬です。

うつみ美土里さんも、すげかった。
あの年齢で、しかもあんな細っこい身体であんなにパワフルだなんて。
普通に憧れるねぃ。将来、あぁなりたいねぃ。
そんでもって演技もすばらしい!!
コメディな部分はコメディ、切ない部分はもんのすごーく切ない。
そしてこの「流れ星」は「セレソンに出たい!」といううつみさん発信で出来た作品なだけに、
セレソンの舞台に対しての愛情をひしひしと感じるんだぉね〜。

コッシーもやっぱイイよぅ!!
なんかさ、たぶん宅間さんとコッシー自身の空気感がイイんだろぉね。
だから劇中の二人の役柄の空気感もすげぃ良くって、それがまた涙を誘うんだぉー。
コッシーの役の台詞はよくよく聞いてると考えさせられる部分があって、
なんだかびしょびしょに泣いてしまったんだぉ…。

山田まりやさんも元気いっぱい可愛かったし、須加尾くんも良かったし!他の皆様方も!!

笑って泣かせる舞台…って聞くと「よくある話」って思われちゃうかもだけど、
そんな簡単で単純なものじゃないんですぉ、宅間さんの書くモノは!!
とにかくとにかく皆さんに観て頂きたい!!是非とも!!

この後、名古屋や大阪でも公演があるそーなので行ってみて下され!!!

いやぁ、自分が結婚した際には、相手とちゃんと話をいっぱいする関係になろぅ。
そしていつでも傍にある愛やら何やらが、とても大切なんだって思える人間になろぅ。

なんか…結婚したい気分になってきちまったょっ!!(笑)
posted by ぺぐ at 23:12| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

『GOEMON』

ちょっと前に、試写会の招待券を頂きまんたので行って参りまんたー!
つーか、劇場で観るなんて久々じゃね?
いっつもDVDばっかだけど、たまには大画面で観るのもたまらんね!

つーか、忙しかろうとDVDは観まくりなんだがブログの更新サボってたせいで、
感想書き忘れた映画が盛り沢山!あははははーーーー!!

で、GOEMONでございますが、さすが紀里谷監督だわね、半端ない映像美!!
いやぁ、CGってスゴイねぃ!!あんなこともこんなこともできるのねぃ!!
前作CASSHERNよりもCGの馴染みもよろしいし。
今思うと前作で若干、役者が棒立ちな感じがしたのはCGとの兼ね合いでなのかしら?
今回はそんな感じはなかったですぉ〜。

内容はね、あのですね〜、つっこみどころ満載でした!
なんだろぅ…歴史忠実を考えなければエンターテイメントととして面白いんだろうけど、
歴史大好っきなオイラとしてはおいおいおいおいおいっっ!!!…とつっこみまくりな感じで。
そして登場人物達の行動にもつっこみまくってしまいまんた。えへ。
まぁ、ココで書いてしまうとネタばれになっちゃうから書きませぬがのぅ。

オイラ的には内容を楽しむというよりも、映像のスゴさを楽しむ映画って感じかな〜。

それにしても、数々の役者さんがちょろ〜っと出演してるのだが。
あんなちょこっとで出演するなんて、役者さんからすげぃ人気あるんだね、紀里谷監督って。
おかげさまで大好っきな役者さんいっぱいいてそれが楽しかったーー!
つーか、ずっと誰だか気になってたんだけど、よく考えたら明智光秀役って監督自身だよね?
観たことあるけど、誰だっけ、この役者さーんって思ってたのだよぅ!

っていうかよ?あんだけCGが駆使されてるってことはだよ?
役者の皆さんはきっときっとほとんどブルーバックで演じてたんだよね〜。
そぅ考えるとすげぃなぁ〜…役者さんて大変だなぁ〜…。
舞台上でこれといって背景作り込んでないってのともまた違うもんなぁ。
改めて役者って仕事に尊敬でございますぉ。

あとはね、この映画で何がすばらしいって大沢たかおさまのフェロモン!!!
もー、ちょーヤベぇ!!素敵すぎて失禁して失神しそうなくらいに素敵!!
その昔「君といた夏」という瀬戸朝香とか筒井道隆が出てたドラマでえらい日焼けした男の役で出てたんだよなぁ。
その頃はこんなすばらしい役者さんになるなんて思わなかっただぉー!
昔からそりゃカッコイイ人だったけど、何だろう、この40代になってからの色気!!
おかげで最近何かあれば「才蔵が…」と口走ってしまうではないか!!!
posted by ぺぐ at 23:10| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

『ゴースト』(舞台)

これはですな、超々大好っきな東京セレソンのDXの永田さんとコッシーさんが、
セレソンにも何度か出てらっしゃる笹嶋和人さんと組んだ、
「一番星ブラザーズ」なるユニットの舞台なんでごじゃります。

いゃー、日程的に行けるがどーか微妙な気配だったので、若干諦めモードだったんだが、
ギリギリになって時間が空いたじゃねーか、こんちきしょー!!と思ってたら、
ありがたいご縁で観に行くことができたのでごじゃーます!!ありがたや〜。

もーさ、オモロかっただぉ!小ネタがピリっと効いとるねぃ!!
でも、全体にそこはかとなく漂う哀愁感がまたたまらん。
人が求めるモノって何なんだろーね。
その先で辿り着きたいモノって何なんだろーね。
手に入れたいモノって何なんだろーね。

笑いながらもそーいぅこと考えさせられちゃっただぉ。

それにしても、コッシーさん、やっぱ大好っきだなぁぁぁ〜〜〜。
たまらんなぁぁぁ〜〜〜。

ほんとーはさ、セレソンのキヨシさんの方のユニットも行きたかったんだが、
実は実は、何を思ったか、日程を勘違いしてたせいで、
マジで仕事詰め詰めで行く隙間が無くなってもーたのだ…っっ!!(泣)
posted by ぺぐ at 23:45| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

『から騒ぎ』(舞台)

蜷川さん演出のシェイクスピア・オールメール・シリーズに行ってきまんた!

オールメールってーのは出演者が全員男性なのでございます。
実際、シェイクスピアが活躍していたエリザベス朝時代には娘役は変声期前の少年が演じてたそーな。
なんでも女性が舞台に上がることが禁じられてたそーな!ナンテコッタイ!

で、今回の娘役には蜷川オールメールではお馴染みの月川悠貴さん、
そしてそして!オイラが大好っきで尊敬して止まない高橋一生さまがキャスティングされましたの!!

主演はね、小出恵介くんだってからね、最初は小出くんが娘役のがいーんじゃないかと思ったぉ。
だって彼ってば目がクリっとしてて可愛らしい顔してるからぉー。
一生さまはなんと行っても声が「男性として」素敵な声しちゃってるからさ〜。

…なーんて思ってたんだが!!
いやさ、やっぱり蜷川さんはすげぃや!!

小出くんてさ、パっと見すげぃ可愛いけど、よーく見ると骨格が男性らしいんだぉね!
それに比べて一生さまはもちろん男性なんだけど、
目鼻立ち・骨格ともにすげぃ繊細な創りしてるから、女装させてもハマる!!
声だって使い分ける!!そーいや、そーぃう実力の持ち主だったぉ!心配いらんかったぉ!

ベネディックの小出くんは、コレが初舞台だとは思えないくらいしっかりしてた。
『から騒ぎ』って、とにかく台詞が難解で手強い作品なんですぉ。
テレビと違って舞台って腹からしっかり声を出さなきゃ観客に届かない。
その上この台詞…こりゃー、初舞台で大変そーだな、と思ったけど、
蓋を空けてみりゃー、びっくりですぉ。
そりゃーもぅ、見てるこっちがスカっと気持ち良いくらいに、
ハツラツと相手役の一生さまとコトバを伝えあって返しあってましたぉ!!素晴らしいぉ!!

ビアトリスの一生さまは、相変わらず素晴らしいですぉ。
見た目の可愛らしさはもちろん、ビアトリスという女性の内面の可愛さもしっかりと!
何かを撃ち破ろうとする姿勢や、ココロを乱されたく無い思いから発する言葉。
でも自分の気持ちの揺れ動きに、それはそれで満更でもない感じ。
こういう女性って、それこそエリザベス朝時代には特異な存在だったんだろうけど、
現代社会では結構いるんじゃないかと思う。
一歩間違えると、過剰防衛な女だけど、上手く行けば可愛らしくも感じる存在だと思うんだぉー。
かくいうオイラもビアトリスかヒアローかっていったらビアトリスタイプの女だ。
だから、2組の恋愛模様を見てても、ヒアロー&クローディオのストレートな恋愛より、
ビアトリス&ベネディックのあっち行ったりこっち行ったりの恋愛のがクルものがある。
ストレートに愛されるだけより、性根の全てをぶつけ合えるのはイイ。
…とか言ってるから、嫁に行けないんだろーね(笑)

そんでもってヒアローの月川さんはさすがの存在だった。
言葉も姿も全てにおいて、気品がただよっていて、優雅だったぉ…。
なんかもー、女としてため息出ますぉ。

クローディオの長谷川博己さんは何といってもカッコイイ。
スラリと背が高く、本当に長い手足だとか、小さな頭だとかでとにかくスタイルが良い。
それがベネディックと対照的でクローディオは見目麗しくイイ男だった。
(別に小出くんだスタイル悪いとか言ってるワケでは無いですぉっっ!!)
妙にストレートで感情の起伏が激しい辺りも上手く捕らられてて、
これまたベネディックとは対照的に素直で純情で純粋な男だったと思うぉ。

瑳川哲朗さんは大人(というか老人?)としての落ち着きと懐の深さと器の大きさ、
それと相反する若者に負けない充ち触れるエネルギーとノリの良さがさすがだったぉ。

吉田鋼太郎さんはノリが良くて騒いでしまう子供っぽい一面と、
大人としての余裕とが入り交じっててすげぃかった。
そしてシェイクスピアの喜劇には必ず映し鏡のように闇や影がある。
『から騒ぎ』ではそれは吉田さんのドン・ぺドロが抱えてると思うんだが、
最後に抱える弟との闇が大団円の中に垣間見えて、それがすげぃと思ったぉ。

いやさ、本当はもっともっと書きたいんだけどさ、
これ以上続けると、出演者全員の感想を書いてしまいそいだぉ…っっ!!

今回は埼玉公演の初日と千秋楽を見たけど、この間での舞台の成長がすげかった!!
笑いはより笑いに、光りはより光りに、影はより影に。
コントラストがはっきり出ていて、観客をノせて盛り上がらせていたぉ!
posted by ぺぐ at 23:36| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

『ZED』(エンターテイメント)

9月のプレ公演、最終日にギリギリ行けたーーーーーー!!

さっすがシルク・ド・ソレイユって感じ!!

まずはオープニングでビビった!!
っていうか、その後も色々スゴかったけど、オープニングが一番じゃないかってくらい!!

あとは、今日本人の方がキャスティングされてるんですけど、
バトントワリングの稲垣正司さんという方だけど、
この方は確か10回以上国際大会で有償してる素晴らしい方なんですぉね!!

日本オリジナルプログラムだからか、稲垣さんの登場シーンがオイシイ!!
一番盛り上がるトコで出て来て、盛り上がる演出で演目を行うのだぉ。
これは、日本人観客は喜んじゃうぉね〜。
さすが世界中をツアーしてるシルク・ド・ソレイユだぉね。
その国での盛り上がり方をちゃーんとわかってますねぃ。

あとはもー、ネタバレになるから言えませんけど!!
皆さま、一度はご覧くだされよぅ!!
posted by ぺぐ at 22:15| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

『ミス・サイゴン』(ミュージカル)

エンジニアが大好っきな筧利夫さんの回に行ったぉ!!

内容は、いつも思うけど、ちょっとわざとらしく展開するなぁとか、
ちょいちょい突っ込みたいトコはあるのですが、
その分というか…コレは出演する役者さんで楽しめ方が色々ですな。

筧利夫さんはやはりその存在自体が凄いと思うぉ。
歌唱力はそりゃーやっぱり他のミュージカル俳優さんに比べれば全然なんだろぅけど、
その存在感と舞台にかける情熱でそんなものどーでもよくなるくらいに人を惹き付ける!!
そしてやっぱり口角が素敵だぉ。
口角がしっかり動くから、遠くからでも表情の動きがしっかり見えるんだぉー。

キムの新妻さん、クリスの照井さんはやはり上手いですなー!!

ホントはさ、違う出演者の人の時も見てみたかったけど、時間がなくて無理かったー!!
それが残念で仕方ないだぉ。くそぅ。
posted by ぺぐ at 22:00| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

『幕末純情伝』(舞台)

コレ、マスコミでの評判がすげぃ良かったから行ってみまんたー!
つかこうへいさんの演出って実は生で見た事なかったし。1回見てみたかったし。

見た感想は…ちょっと、オイラ的好みとは少し違ったかもしれん。

なんだろぅ。
オイラにとっては、少し、奇想天外しすぎたのかもしれない。
「色っぽい」とか「セクシー」とかを通りこして下品に感じてしまったぉ…。

でも、石原さとみちゃんは良かったぉ!!
急激に何かを変えるのじゃなくて、序々にしていったら化けると思うぉ。
舞台での姿からも、とても真面目で素直で真剣な人なんだろーなと思ったぉ。

真琴つばささんとコンボイのタテさんはさすがにダンスシーンで素敵すぎじゃった!!
吉沢悠さんは今迄は映像でしか見た事なかったけど、舞台でも声が出てて良かったぉ。
山崎銀之丞さんはやはりの独特な存在感で圧倒されたし。

今度は、違う演目でつかさんの舞台を見てみたいぉー!
posted by ぺぐ at 22:00| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

『BLUE MAN GROUP』(エンターテイメント )

いやぁ、忙しかったよぅ!7月!!
んが!!人生は楽しんでナンボでございましょう!!そうでございましょう!?
てなわけで、忙しい中のほんの暇を全て遊びと食に費やしましたぜ、オイラ!!

全て費やしたから、ブログ更新の時間がないくらいなにな!!あははー!!
ま、8月は、ブログの更新を頑張ってみるよぃ!たぶん!!

で、まずはね、7月遊んだよ第1段はね!
オイラ、とうとう「BLUE MAN GROUP」を観に行ってきちゃった!
0350.jpg

いやさ、コレはさ、絶対さ、人と一緒に観に行った方が楽しめると思うワケ!
でもさ、何だかさ、全然人と予定が合わなくてさー。
…ってなわけで、独りも大丈夫なオイラは独りブルーマンしちゃったワケぉ。

いやぁ、面白かった!!すげぃ面白かった!!
そうとしか言えないくらい、すげぃ面白かったぉーーーーーーっっっ!!
もうさ、何なんだぉ、あの動き!あの間!
すげぃよ。これぞ、ザッツ・エンターテインメントだぉ!!

何も言いますまぃ。
皆々さま、コレは是非観に行ってみてくだされ!!

そしてオイラもまた何度でも行きたい感じなので、行く!絶対!!
今回一緒に行けなかったソコのあなた!!
もーぉ、次回こそは一緒に馳せ参じましょうぜぉ!!

独りでも存分に楽しかったワケなんだが、一緒だったらもっともっと楽しめると思うんだぉー!!

0351.jpg
最後さ、見送りに出て来てくれるからさ、
一緒に写真撮ってみたり、間近でブルーマンを見れちゃったりするのね。

…でさ、間近で見た感想なんだけどさ、彼等の皮膚呼吸ってどうなってるのっ!?
posted by ぺぐ at 23:39| Comment(3) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

『井上雄彦 最後のマンガ展』(展示)

オイラ、行って参ったでアルょ。
行かなかったら自分自身に斬り捨て御免されるんじゃないかっていう素晴らしきマンガ展に!!

そう!!『井上雄彦 最後のマンガ展』に行って参りましたぉ!!
0315.jpg

いやさー、オイラってばさー、何を勘違いしてたのか!!
7月の半ばまでやってるって思い込んでてさ!!
最終週に入ってから「あれ?今週末までだぉぉ!!」と気付いたワケよ〜ぅ。
ぁーん、ぁーん、ビビったぉ。
もしや見逃したかもしれないかと思うと冷や汗モンだぉ。

で、実は気付いた時点で仕事がみっちりでマジで泣きそうだったのよぅ。
でも!でも!!神は見捨てなかった!!

ちょうど病院に行く為に仕事空けてたトコがあったの!!
ま、この場合、病院は後回しだぉね、当然。
んでもって、そのせいで薬もらいそびれて、後日、日光湿疹でエラい思いしたんだけど、
っていうか、今現在もエラい感じなんだけど、そんなんどーでも良いアルょ!!
薬もらいそびれたコトに後悔なんて微塵もしてないアルょ!!

で、当日券求めて、朝から行って参ったアルょ!
9時30分から当日券発売なんだけどさ、9時前には行ったワケよ。
なのに!すでにこの行列!!
0316.jpg
っていうか、この見えてる行列の10倍は確実に並んでおったと思うぉ…。

ぇーと…ぇーと…平日ですぉね?なんでこんなに人が居るんだ…っ!?
平日だから大丈夫じゃろーぃ、なんて思ってたオイラが阿呆だったアルょ…!!
だって、井上先生だもんね。そりゃ、そうだぉねーーー。
むしろ仕事休んでだって来たいよねぃ!?

9時前に着いてたにも関わらず、結局そのまま購入できる第1陣には加われず、
でも昼過ぎから購入できる第2陣には何とか滑り込んだぉ!!
ま、そんなこんなでどーにかこーにかして当日券は手に入れたぞぃ!!

んで、今度は入場の行列に並ぶんですよぃ!
軽く1時間程並びまして、やっと…!やっと…!!やっと…!!!

あの…あのね、オイラの持ち得るボキャブラリーでは語り切れないぉ…。
それくらいに、マジでマジで素晴らしい!果てしない感動!!

中に入った瞬間、武蔵と正面切って対峙することになるんだけど…。
ソレが、キタ。ヤバイ。
対峙したその瞬間に思わず身震いが…!

その後、会場内はどんどんと物語が進むのだぉ。
だけどね、コレは只のマンガじゃないぉ。そんな垣根は見事なまでに突破らわれてるぉ。
そして物語が進むに連れ、観ているモノは「観る」のではなく、
そこに、彼等と共に「在る」ことができるのですぉ。

武蔵はヒーローではない。
どんな事情があるにせよ、沢山の人を殺めてきた罪人だ。
そんな男が最後に見るモノ、感じるモノ、望むモノ、そして求めるモノ。

そして「赦される」その瞬間。

オイラ、1人で居たにも関わらず、人目も憚らず泣いてしまったぉ…。

素晴らしいぉ…何なんだぉ、この感動。
オイラも、こんな人生だけど、最後まで本気で生き抜こうと、ココロに誓ったぉ。

このマンガ展の画集っていうか…何だ?パンフレットっていうんじゃないし…。
とにかく!ソレも迷うことなく即購入!!
そしてその続編も迷うことなく即予約申し込み!!

もっともっと、ずっとずっとあの世界に在りたかったけど、
仕事が待っているという現実の為に、泣く泣く後ろ髪引かれながら会場を後にしましたぉ。

で、出たトコロで。
0317.jpg
ゃんだー、こういうちょっとした感じが、最後、ココロを和ませてくれるねぃ。

さ、皆様!ココでもぅ一度、武蔵の眼差しに射抜かれてしまって下さいませ!!
0318.jpg

はぁぁぁぁぁ〜…ココロがずしりと満たされまんた。
posted by ぺぐ at 23:28| Comment(2) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

『夕』(舞台)

超大好っきな東京セレソンDXの舞台を久しぶりに観て来ましたぉー!

いやね、ホントに大好っきでしてのぅ。
「夕」だけでも、今回で3回目だぬーーーーん。
全部の公演観たわけじゃないけど、多分セレソンの中で「夕」が一番好きぉ。

一昨年…ん?もちょっと前だったかな?
の、前の公演の時に、2週間くらいの公演期間におもわず2回も行ってしまったんだぉ。
最初観た時にすげぃと思って、そのままもっかいチケットとってしまったんだぉ。
で、今回も無理矢理に仕事空けて行ってきてしまったぉ!
ホントは今回も何回か観たいのだが、何でか公演期間とオイラの忙しい時期がかぶったぉ…(泣)

んで、キャスト・配役が変わるとまた違いますなぁぁ。今回もまた素晴らしかよ!
あらすじは分かっているにも関わらず、またしても号泣ですぉ。ジョバジョバですって。

宅間孝行さんは、言わずもがな素晴らしいでございます。
何でしょうな、この方の存在は。素晴らしすぎるでございます。
舞台上ですげぃ存在感なのに、独り変に突出してしまうのではなくて。
周りと馴染んで連係して同じ場所にいるのに、オーラってヤツなんですかねぃ?輝いてるんですぉー!
いや、素晴らしい。マジで。すげぃぉ、宅間さん。そして大好っきぉ!

永井大さんが!素晴らしかったよぅ!
実はさ、あのさ、申し訳ないのですがね、今まで「筋肉美なお兄さん」としか思ってなかったのだぉ。
空手とかミラクルシェイプとか筋肉番付とかのイメージが強くてさ。
演技といえば特命係長ってな感じで。
んが!とにかく素晴らしかった!!っていうか、すげぃ舞台向きなのかもしれん!!
身長も高いしさ、体つきもしっかりしてるしさ、舞台での大きな演技にすごく栄える気がするぉ。
もぅ、今回で胸キュンドキューンに打ち抜かれまんたーーーー!!
また舞台で観たい!!絶対観たい!!これからいっぱい舞台出てくれないかのぅ!!
永井さんて、百貨店包装紙の匂いが好きなんだってぉ。パンフに書いてあったぉ。
オイラ、漫画雑誌の匂いなら理解できるぉ!こんど包装紙も嗅いでみるぉ!!

セレソンの西村さんと越村さんは相変わらず大好っき!!やっぱ大好っき!!
そのテンションがたまらねぇーーー!!動きがたまらねぇーーー!!
つーか、西村さんのその悪そうな顔が好きー!越村さんの負けっぷりが好きー!

可愛くてしょーがない浜丘マヤちゃんは、マジで可愛い。
すげぃ可愛いのに、ちょっと気の強そうな現代ッ子な部分がたまらんなぁ。
なんとなくイメージ的に、声も含めてもっと線が細いイメージだったんだけど、全然だった!
どーやら今回初舞台みたいなんだけど、すげぃ良かったぉーーー!!
彼女ももっともっと、また舞台で観たーーーい!!

木下さんの「夕」、すげぃ良かったぉ。
明るくて元気なトコにふと見せる切なさがたまらんぞぃ。
号泣させられてしまいまんたぉーーーー!!

いとうあいこさんもさすがですなぁぁぁ!!
彼女のやった役ってさ、ともすれば女性の反感を買いかねない人物だと思うんだけど、
(そいでもって、木下さんの役は女性の共感をとても得るであろうと思われる)
彼女がやると全然で、幸せそうに見える中での切なさとか、すげかった…。ググっときてもーた。

っていうかさ、何でしょーね。サタケミキオさん。
どーでもイイけど、サタケミキオって変換するとオイラのPCでは「佐竹幹生」って出るぉ。
ホントにどーでも良かったぉ、こんなコト……。

で、サタケさん。何だよ、すげぃよ。
すっげぃ笑える要素たっぷりで面白いのに、でもすげぃ切ないぉ。でも後味は綺麗。
なんだ、この脚本!マジですげぃぉ!!素晴らしいぉ!!

言いたくてもコトバにできないコト、コトバにしてはいけないと思うココロ。
伝えたくても伝えられないコト、伝えてはいけないと思うココロ。
コトバにして伝えれば良かったと思うキモチ。伝えなくて良かったと思うキモチ。

切ねぇなぁぁ…。

っていうか、こんな女の心情を書いてしまうなんてすげぃ……!!

あー!あぁーー!!もぅ1回…もぅ1回観たいぉ………っ!!
くそーっ!くそぉぉっ!!うきー!!むきゃーー!!
どっかで1回くらい仕事サボってしまいたい!!…うぅ、無理なの、知ってるけどよぅ(泣)
あのさ、もうちょっと東京公演あるし、そのあと大阪も行くし、観て頂きたい!!激しく!!
posted by ぺぐ at 23:32| Comment(4) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

『うみわたれ』(舞台)

超超超超超超超超超久しぶりに行ってきちゃったよぅ!!THE CONVOY SHOW!!!

去年は1回も行かなかったしな〜。久々だぉ〜。
しかも!6年ぶりの新作!!ぎゃはーーー!!たまらん!!
CONVOYはね、ホントにホントーに素晴らしいのよ、マジ。
観たこと無い人、絶対人生損してるんではないかと思ってしまうくらいぉ!

でさ、感想はといえば!!すげぃ良かったッス!!

まだまだこれから公演の続く舞台ですからのぅ。本日初日ですもんなぁ。
ネタバレになるといかんので何とも言えませんがのぅ。

今までのCONVOYとは違う感じぉ。
新境地っていうのかぉ?新しいCONVOYって感じぉ!

でも、やっぱり素晴らしい、素敵なエンターテイメント!!
芝居あり!歌あり!!踊りあり!!!

皆さん全員素晴らしい!!
中でもやっぱりタテさんのダンスがすげぃよぅ!!
身体を動かした時のラインが滑らかでしなやかですげぃ美しい!!
見てるだけでうっとり〜。さすがCONVOYの紅一点!!(←え?:笑)
そしてトクさんの声がすごい耳に心地良い!!大好っきよ、この人の声!!

今回タッグを組んだすまけいさんの素晴らしさが絶品!!
とっても自然で、イイ具合に力が抜けてて、すんごーーーぃチャーミング!!

そして内容もバッチリ。
日常の、とある日のとある時間。その時見える世界。
台詞もね、心にしっとりと残る良い言葉が多かったなぁぁ。
さすがねずみさん、すげぃよ、すげすぎるよ…。
テンポが良くって、笑えて楽しめて面白くて。
でもしっかり心に響く、感動。最後はオイラ号泣でしたぉ。

終演して、拍手止まなかったぉ。スタンディングオベーションだったぉ。
そのくらい、素晴らしいんだぉ!!

つーかさ、CONVOYの皆さんってすげぃよね…。
あれだけ激しく踊ってるけどさ、貴方達おいくつ?って感じだぉ。
だって全員over40でしょ?っていうか、ねずみさんにいたってはそろそろ50でしょ?
すげぃなぁ…。世の中の疲れきったおとーたん方!見習ってくだせぃ!
いや、オイラもだけど、歳のせいにしてグダグダしちゃいかんだね。

このあと東京は青山劇場でしばらく公演が続きますぉ。
そのあと北海道やら新潟やら、全国も回られるようですぞぃ!
まだチケットってあるのかな?
もしまだあるようだったら是非そこのアナタも行って観てちょーだい!!
posted by ぺぐ at 23:45| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

『瞼の母』(舞台)

あわ…あわわ…あわわわわ!!
忙しい!!なんだかとっても忙しいアルよ!!
仕事もそーなんだけど、プライベートも、遊び以外の予定がありすぎて忙しいよ!!
眠いよ!!睡眠時間短すぎるよ!!隈がすげぃことになってるよぃ!!

なんて、なんだか心が殺伐とする日々を送っている今日この頃ですが。
そんなクソ忙しい日を乗り切れたのは今日が楽しみだったからなのだよぅ!!

そう!!大好っきな役者さん勢揃いな舞台『瞼の母』!!
自力ではチケットが取れなかったんですが〜、色々縁がございまして〜!!
本日ありがたいことに、めでたく観劇に行って参りましたぉぅ!!
いや〜、約1年ぶりの生観劇!!興奮しちゃうわぃ!!

しかも!席が!すばらしく良かったんですぉ!!
1階席、ど真ん中。舞台全体をしっかり観ることが出来てすんげーーーぃ大満足。

また公演中ですから、ネタバレになると困りますのであえてあまり書きませんが。

高橋一生さまが!!
野間口徹さまが!!
大竹しのぶさまが!!
篠井英介さまが!!
高橋克実さまが!!
西尾まりさんが!!
福井博章さんが!!
遠山俊也さんが!!
神野美鈴さんが!!

とにかく大好っきな役者さんばかりなんだすぉ!!
それだけでテンション上がるってのに、やっぱり皆さんすげぃし!!

高橋一生さん、野間口徹さん、高橋克実さん、声の通りがすげぃ心地良い。さすが舞台の人。
篠井英介さんは声もだけど、その立ち姿、背筋の張りとかがやはり綺麗で素敵。
西尾まりさんは相変わらずコケティッシュで可愛らしい!
大竹しのぶさんは存在感はもちろん、細かい動きまでさりげなく、でも魅せてくれる。
そして今回、なにより神野美鈴さんの存在感がすげくて好きだなぁ。

あと、主演の草ナギくん。
演技力があるのは重々承知のことですが。
今まで舞台を観たことなかったから、オイラ的に声が腹から出てる印象がなくて。
どちらかというと、きっと映像の人なんだろうなぁ…と思っていたのだけれど。
今回、初めて観てみたら、想像以上にすーーーーげぃ良かったぉ!
変な偏見持っててゴメンナサイ!!…って感じですぉ。
これからもっともっと舞台経験積んだら、もっともっと声も活舌も良くなって、
もっともっと素晴らしい役者さんになるんじゃないのでしょーか。
また、機会があったら観たいですなぁぁぁ。

それと市川ぼたんさん。團十郎さんのお嬢さんが出演なさるって聞いて楽しみだったのだ。
もともと日舞の方だからか、この方も立ち姿が綺麗ですな。
今回が初めての芝居なんですってぉ。この方も、また観たいですぉ!ぉ!ぉ!

そして名作は名作ですなぁ…。やはり最後、涙がちょちょぎれてしまいましたぉ。
そして演出が渡辺えりさまなだけに、解釈が面白い!
くすすっ…って笑える演出もちりばめられていて、ふと肩の力の抜きどころがあるし。

あれ?あまり書かないと言いつつ、長くなってもーたぉ。
とにかく!こんな素敵な時間を下さいまんた、素敵ご縁な貴女!!
ホントにありがとうございます!!

そういえばお隣の席の方がすげぃスタイル良くって、美しくて、イイ匂いがした!!(←変態くさい)
たぶん…たぶんね、ショートヘアーの某女優さんだったんだと思うの。
美人さんが隣にいるなんて、ちょっとどきどきしちゃったわ。
とかいって、その隣で汚い顔して泣いてましたけどね、オイラてば。あはははは〜。

いや、しかし、あんなすばらしい席で観劇なんて、今年の運は全て使い切った感が…(汗)
posted by ぺぐ at 23:51| Comment(2) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

『Catch a Wave』

いや、誰が見たいって濱田岳くんですよぅ!!
大好っきなんだぉぅ、濱田くんが!!
こぅ、イケメンでもないし、背も小さいけど、なんかイイんだぉ。
素朴な感じっつーか、普通の感じが!!

今回もさ〜、いいわ〜。いいですわ〜。
小心者のくせに何かやらかしちゃいそうな、でもやっぱ怖いかも…みたいな。
あぁ!いるいる!!学生の頃ってそーゆー男子いたぉねぃ!!
そういう感じがすごい出てますぉ〜。やっぱ濱田くん、いいわぁぁ〜〜〜〜。

後は別格の存在である竹中直人さまですな。またしても別格だったぉーーー!!

まぁ、話の内容としては残念ながら展開読めまくりでしたけど。
こいつとあーなってこうやってそーやってこうなるんだろーなー…という通りに展開してったけど。
仲良し3人組のポジショニングとか、周りの大人のポジショニングとかも想像通りだったし。

でも海の映像とかは綺麗だし、若者の夏休みの雰囲気がすげぃ伝わってきて、楽しい気持ちになれますぉ。
オイラも学生時代にこんな素敵す夏休みに出会いたかったぜぉーーっ!!

そしてこの映画で何がビックリって、坂口憲二がカッコよす!!
あ…いゃ、もともと端正な顔だちを為さったカッコよす人なんだとは思うのです、世間的には。
だが、いかんせん全くもってオイラの好みではなかったので特にときめいたコトがなかったのですぉ。
しかし!!しかーーーし!!今回、彼にときめいちゃったよ!!
だってね、サーフィンのお話なんだけどさ!!
下手っぴ設定の人は別として、上手設定な人は全員明らかにプロサーファーによるスタントなのよぅ。
でもでも!!彼はさっすがリアルサーファー!!
サーフィンのシーンもちゃんと自分でやってるのだぉ!!
しかもー!!その姿がカッコよすかったのだぁぁぁっっっっ!!!

よく考えてみれば、その昔『あの夏を忘れない』とかいう番組限定で彼を若干カッコよすと思ってたっけ。
確か彼がサーフィンをしながら世界を旅する番組だったはず。
はっ!!そうか、オイラってばサーフィンをしてる彼の姿にはときめくのか!!
好みではない顔してても、スポーツ男子にはときめくもんなんだねぃ!!
例え上唇が肉厚(オイラ的にココがダメ)だからって毛嫌いしちゃダメだねぃ!!
ドラマの『医龍』見てても、なぜか主人公の朝田先生にだけは世話になりたくないと思ったモンだが、
ま、それは単に無口で、医者としてちゃんと説明すべきことをしてくれなさそーってものあるんだけど、
あ!話ズレたけど、今なら朝田先生に担当医になってもらってもOKそうだぉ!
『IWGP』でも、本気でジャンキーみたいな顔してた山井ちゃんの応援もできそうだぉ!

ずーっとずっと始めたかったけどキッカケがなかったサーフィン。
今年こそは本気でやりたくなったぉ!!誰か、同士求ム!!
posted by ぺぐ at 23:25| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

そうそう、それで。こないだ観ちゃった映画の話だわよぅ。

オイラ、外人の区別がつかないんだぉね〜。
顔が皆一緒にしか見えなくって判別できないのね〜。
名前もややこしくて覚えられないのね〜。ジャックとかトムとか意外は無理ぽ。

なので、基本的にあんまし洋画ってものを観ないですぉ。
『日曜洋画劇場』意外は。

しかも、お金かけりゃそりゃ面白いモンつくれんだろーが。
予算ない中でも、脚本やら演出やらカメラワークやらで楽しませるってのが腕の見せ所だろーよ。
…とか、生意気な事思っちゃう人だからいわゆる『超大作』ってのも観ないのだぉ。

そんなオイラが!!
『超大作洋画』を観ちゃったぉーーーー!!

いやさ、久しぶりにこういうの見ると普通に楽しいのねぃ。

まぁ、終わってみたらやっぱりライラ以外の名前がうろ覚えなんだけどね。
まぁ、観てる最中もたまに誰が誰なのか顔の判別ついてなかったけどね。

音がドッカンドッカンしてる映画なんて久々なもんだからよぅ!
鎧熊のなんとか(名前が思い出せん…)が「ゥガーーーー!!」って雄叫びあげる度によぅ、
ヤツの声のあまりのデカさにビクビクしちゃったぜ!!

そして人と観ると、終わった後に色々とツッコミ大会できるのが楽しいですのぅ!!
まぁ、ネタバレになるんであまり言わんけどさぁぁ。

ライラ!さっきも危ない目にあったのに同じよーな行動を取るんじゃないよ!!とか。
鎧熊よ、さっきは裸の状態で走ってたよね?今着てる鎧は誰がいつ運んできたんだい??とか。
あれ?お前、さっき怪我してなかったっけ…??とか。
デカい熊と重そうな鎧乗せても飛べるなんて、すげぃ気球だなぁ、ヲイ!!とか。
っていうか、皆さん結構な薄着だけど、そこ氷に囲まれてるよね?寒くないの??とか。
まぁ、最終的にどんな役をしてもニコール・キッドマンは完璧なまでに美しいですなぁ!!とか。

いやぁ、矛盾点多々ありでツッコんでますけど、でもでも面白かったですぉ!!
ライラの子も可愛かったし。ニコール・キッドマンはすげぃ美しかったし。映像綺麗かったし。

児童向けなだけに、戦闘シーンでも人が血を流して死んだりしないあたりがちゃんと作られてますなぁ。
ぅむ、さすが。

ただ問題は、こういった三部作とかって、オイラ次が始めるまでに忘れちゃったりするのよねぃ。
えへへ〜。あはは〜。うふふ〜。

そして、この映画観て思ったのだが、オイラもダイモン欲ーーしーーーいーーーー!!!!!

ライラが連れてた子が猫っぽい姿になった時がすげぃカワユイ!!
でもニコール・キッドマンのサルが抱き着いてきた姿もすげぃカワユイ!!
あと叔父さんの黒豹もすっげぃカッコイイ!!

とか何とか思いながら家に帰って来たら居た!!オイラのダイモン!!
0229.jpg
姫ーーー!!姫ーーーーーー!!!!
姫はね、スタイル良し子で足が長いから、伏せる時は前足を組んじゃうの。
そしてソコにあごをのっけて見つめてくるの。
あ・あ・あ・あ・あーーーー!!たまらん!!カワユすぎる!!

オイラのダイモンってば誰より何よりすげぃカワユイぜぉっっ!!
posted by ぺぐ at 23:45| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

『奉納 靖国神社 夜桜能』

オイラ!昨日!!憧れの!!
『奉納 靖国神社 夜桜能』に行ってきちゃったよぅ!!!
0204.jpg 0205.jpg
おぉぉ、なんだか夜の靖国神社って厳かですなー。
身がピリっと引き締まる感じですなー。

0206.jpg 0207.jpg 0208.jpg
やはり靖国神社の桜はすげぃすなぁぁ!!
密に生えてますぉ!!すげぃすぉ!!おぉぉぉぉ〜〜〜っっ!!!
0209.jpg 0210.jpg
満開!!満開ですぞ!!
すげぃ綺麗すぉ!!すげぃ綺麗すーーーーー!!!

会場内は写真ダメってアナウンスされてたけど、撮ってる人いっぱい居たんだぉ。
でも小心者だから係員の人に「撮ってもいいのかぃ?」と聞いちゃったよぅ。
そしたら公演中でなければ別に構いませんて言われたぉ。
だから撮ってみたぉ、能楽堂。
0211.jpg
厳かなる靖国神社の能楽堂。
まだ火も入らずの状態でも、何かひしひしと感じるぉね。

0212.jpg 0213.jpg
火入れ式・舞囃子・狂言が終わった所で休憩。
休憩中に灯りの灯った能楽堂を激写!
神火なめで激写…と思ったら、神火が幻想的すぎて何の写真が微妙になってもた。

0214.jpg
そして休憩中に神殿に出向いて参拝させていただきマンタ。

0215.jpg 0216.jpg 0217.jpg
休憩後は能の舞台。
全て終了するころには、辺りは真っ暗。
それはそれで、夜桜が映えますなーーーーーーーー!!!

舞囃子『海人』・狂言『寝音曲』・能『蝉丸』

「能は悲劇で狂言は喜劇」と言われるけど、正にそんな演目でしたぉ。
初心者でもとても見やすくて良かったですぉ。

0218.jpg
帰りに第二鳥居越しの夜桜。
画像では魅力半減なのだが、実際はすげぃ綺麗で感動モノなんだすぉ。

そのまま九段下駅へ向かって歩いて行きますぉ。
すると第一鳥居からの参道が夜店とか出まくってて宴会場になっておりますぉ!!
0219.jpg
皆さん本日水曜日ですぉ!!週の中日ですぉ!!
こんな時間までそんな状態になるほどに飲んだくれててよろしいざますか!?
世のサラリーマンは元気なんですのぉぉ〜。

0220.jpg
最後、参道を抜けて第一鳥居を映したらこんな感じに。
写真だけみたら軽く夏祭りのようでございますぉ。

そ・そ・それにしても、さささ寒かったすすすすぉ…。
ババシャツ重ねに冬コート、手袋・マフラーの完全装備、さらに膝掛も用意していったのに。
それでも寒い…寒いぉ…雪山に遭難しちゃったみだいだぉ。
ここでもしうっかり寝たりしたら絶対にあの世に行ってしまうだぉ…。

終わった後、寒くて寒くて速効でマックでホットコーヒーで暖をとったぉ。
でも1杯では暖まらなくて2杯目に突入しちまっただーょ。

でもさ、周りにはさ、超軽装で観劇してる人もいっぱいいただぉ。
膝上のスカートにパンプスとか、薄いジャケットとか。
皆、寒くないだかね?…不思議じゃょ。
posted by ぺぐ at 23:54| Comment(2) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

『memo』

オイラ、基本的にはDVD派ですぉ。
なぜならそれはプチひきこもだから!お金ナシ子だから!

でも「あ、コレ観たいぺそ」と思うとなんとしてでも参上します。

今日、観にいったのは『memo』という映画。
名バイプレーヤーとして活躍している俳優・佐藤二朗さんの初監督作品。

アイラブ・ジロさんがホントにホントに大好っきだから!というのもあるし、
ジロさん自身の「強迫性障害」を題材にした映画だからってのもあってさ。
ご自身が経験されたコトが反映されてるんだろぉな…と思って。
だからこそ「同じ障害を抱える人への応援」的要素な作品ではないだろうな、とさ。
だから観たかったのだぉ。

で、観ると決めたら早く観たくて仕方ないのがオイラの性分。
サクサクっと公開初日に参上して参りましたよ。

一言で言えば本当にイイ映画。
このストレス社会に生存する皆さんに観て欲しいなぁ、と素直に思える映画。
心の底の底の下の方をくすぐってくれる、そんな作品だったと思うぉ。

主演の韓英恵ちゃんは凛としていて、でもリアルだ。
ジロさんも、ものすごいテンポで、独特で強烈だ。
白石美帆さんはイイ意味で受け流し方が上手い女優さんだと思う。
宅間さんと高岡さんはやはりの存在感。
岡田くんと池内さんは、なんとも贅沢な使い方だなぁ…。

まぁ、ちゃんと診察を受けてるかどーかは別として、皆なにかしら抱えてるよね、きっと。
症状の大小は人それぞれで、他の人がどれほど辛く苦しんでいるかは理解できないけれども。

ぶっちゃけ、オイラも心的障害として睡眠障害と味覚障害を持ってございますの。
診断された中学の頃にはすげぃ恥ずかしいことだと思ったし、辛かったけどねぃ。
だけどね、今では実はオイラは全然気になってないのだぉ。

だってさ、オイラの場合、軽度だからずーっと症状があるわけじゃないし。
自分の身に起きてるだけであって、他人に迷惑かける訳じゃないし。
(一度、睡眠障害が酷くなって全然眠れなくて倒れてその後昏々と4日寝込んだ時は迷惑かけたけどね…)
そう思ったら、カウンセラーの先生も苦笑するくらいにあっけらかんとしてしまったのだぉ。
その後、高校が地方の学校に進学したコトもあってカウンセリングも行けなくなって、
でも先生にも「もう来なくていいよ、辛くなったらまた来れば」と送りだされてしまったしね。

映画の中で「闘わなくていい」と言ってくれる人と「闘って欲しい」と言ってくれる人がいる。
それが、ホントーにすげぃコトと思う。

オイラの場合、寝れなくなったらその時間もったいないから妄想に耽ってみるぉ。
溜まりに溜まった観たかったDVDをグアーっと観てみるぉ。
味がわからなくなったら、普段だったら絶対飲めない青汁を健康の為にグビグビ飲んでみるぉ。
大嫌いなお汁粉を人前で食べてみてビックリさせてみるぉ。
変に闘かったりしないで、こうして受け入れてみると結構面白いもんなんだぉ。

症状が出るのは決まって、ずーっとずーっと突っ走って来て、無意識下でふと気を緩めた時。
その時には、今、自分に必要なモノは何かを見極めて、エネルギー注入を行うのだ。
自分の症状ときちんと向き合って、闘うのだ。それで前に進める。

それが、すげぃ嬉しかったな、なんか。
最後は主人公の繭子に向かって優しく微笑みたい気分になれる。

心的障害って、自分の秘密だった事実を人に言えた瞬間に少し解放になれると思うぉ。
ジロさんの障害はどれくらい辛いモノだったのかオイラにはわからないけれど、
作品としてこの映画を撮ったことで、ジロさんが少し楽になれたら嬉しい、と思う。

心的障害の話って聞くと暗そうだけど、全然そうじゃなくて、
シリアスな中にもジロさんらしい、ぷすすすす…って笑える部分がちりばめられている。
これはやっぱり「佐藤二朗」の世界なんだと思う。
「佐藤二朗」を感じるコトができる。

初日だってこともあって、舞台挨拶も見れて、更にジロさんにサインして頂けて、
なにやらなにやらすげぃ嬉しすぎるぞぃ!
posted by ぺぐ at 23:57| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

『恋愛寫眞』

前に何かでスタッフ欄に「フォトグラファー・斉藤清貴」って書いてあったのを見かけたですよ。
多分、このカメラマンの方ってアイドルの写真集とかいっぱい撮ってる人だった気が…。
昔、この方の撮った写真集を見たですよぃ。
それこそこの映画に出演している広末涼子超アイドル時代の写真集。
そしたらね、すごいイイ表情の写真が多かった覚えがあるですよ。
や、それで。斉藤×広末の組み合わせ!!と思って。
それがこの映画見たかったきっかけなんですぉ!

しかも観たことある人から「広末が劇的に可愛い!」という噂を聞いたし!やっぱり!!

で、やっぱり!やっぱり!!やっぱりーーーーーー!!
有り得ないくらいに、犯罪級に広末が可愛い!!
もうそれだけでこの映画観る価値が有るよ…ってくらいにカワユイよ!!
なんかさ、アイドル時代は別にそこまで好き!!って感じじゃなかったけど、今は大好っき!!
何やら彼女も色々あったけど、出産して復帰した頃から大好っきになってしまったぉ。
んでもってそれから映画とか見直したら、すげぃイイんだぉね〜。
なんか、表情とか、イイだぉね。纏う空気感とかが、すげぃと思うぉ。

内容としては、なんとなく先の読める感じだったけどー。
あ、でも犯人(?)は最初思ってたのと違って意外だったなぁ、オイラ的には!!

そしてその最後の対決シーンが若干「特撮モノ?」と言いたくなる感じだったのが残念だけど。

でも、所々に入る写真がすげぃ良いす!
やっぱしどれもこれも斉藤さんの写真なんですかねぃ?
アイドル写真集もいいけど、こういう写真もいっぱい撮って写真集出せばいいのにぃ。
出してるのかな?出してたら欲しいなぁ。
…誰か知ってるかぃ?知ってたら教えてぉーぉぉー。

そしてどーでもいいんだけど、ホントにどーでもいいことなんだけど。
つーか、オイラの単なる職業病的なものなんだと思うんだけど。

松田龍平が写真撮るシーンでシャッターを押す指先がアップになった時が気になって仕方ないぉ。
あの…ささくれが…っていうか、ささくれむしってたら血が出ちゃったんだろーなって思われる跡が…。
いやさ、実際のカメラマンなんて、冬だろーが何だとーが指先出してるし、
絶対荒れてささくれとかできまくりなんだろーけどさ!
でもでも!画面にガッツリ写るわけだしさ!
ツルツルに磨いとけとは思わんが、ちょっとケアくらいは!して欲しいナリ!!

でも、とにかくそんなことどーでもいーくらいに広末がカワユイなぁぁ!!

そして松田龍平の大学のお友達役で大好っき高橋一生様が出てた!
また普通にいそうな大学生だった!お見事!さすがだー!大好きだーーーー!!
イイ感じにダサいぜぉ!ご飯食べるタイミングというかなんつーか、たまらんねぃ!
こういう、主役級じゃない役でこんなに印象残すってすげぃよなぁぁ…。

最近さ、このブログにいらして下さる人のさ、検索で来てくれる人のさ。
アクセス解析で見る感じさ、検索ワードが「高橋一生」ってのが異常に多いだよ!
たった1回しか記事に登場してないのに!しかも内容が変てこりーぬなのに!!
やっぱ人気者なんだがねえぇぇ!!すばらしき現象!!

つーかさ、今度さ、高橋一生様が舞台をするですよ。生一生様を観たいですよ。
でもさ、こんなに人気者なんじゃさ、チケット取るのむずかしそぅじゃね?
しかも共演者にさ、野間口徹さんがいるですよ!
コノ方も大好っきなんだけどさ、こないだドラマSPとかに出ちゃったし、きっと人気者だよ!
あぁ!!更にチケット確保がめんどくさそーな感じ!

っていうかさ、この舞台の主演がさ!
草ナギくんなんだよ!SMAPだよ!ジャニーズだよ!チケット取れる気がしねぇぇぇぇぇ!!

誰かー!チケット取れる運気をプリーズ!!!!!!!!!!
posted by ぺぐ at 23:42| Comment(0) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

『LOVE MY LIFE』

何で見たかっていうと、出演してる今宿麻美さんと高橋一生様が好きだから!
あとは、友達の部屋に転がってた原作を全部じゃないけどちょびっと読んだ時に良かったから!

率直にいっちゃうと、ん〜…微妙かなぁ。
だってさ、雰囲気と登場人物が原作と全然違ったんだぉー。

主人公のいちこは、すごいお子様な考えな我が儘ちゃんになってしまっているぉ…。
なんかずーっと微妙に笑ってるのが気になったんぉ…。ちょっとアホな子みたいに見えちゃうだぉ…。
演じてた吉井怜さんは嫌いじゃ無いんだけどなぁ…。

大好っきな二人はやはり大好っきだ!

今宿麻美さんは、モデルとして見てた時から普通に好き。
…っていうか、ぶっちゃけ、こういう子が好みなんだと思うのだが、オイラ。
目に力があって、上唇がセクシーな顔…こういう女の子の顔がすげぃ好き。
瀬戸朝香しかり、浅見れいなしかり。色っぺぇ顔ですなー!
しかも自分的セクシー度を計る水っぽさを、彼女達にはすげぃ感じるのだ。
更に今宿さんは全体的に透明感があって、グっと来ちゃうのだ。
しかも、モデル出身なのに声がイイ!
偏見かもだけど、モデル出身の女優さんて、声が上ずってる人多くないですかのぅ?
しかも、表情の作り方が可愛い。やっぱ、好きすなぁ…。

高橋一生様。彼は、昔からさりげにすげぃ大好っきなんだよね。
昔、なんか妹助けるのにお父さんをバットで殴った少年、みたいな役をやってたんだぉ。
そん時の裁判のシーンを観て、すげぃなぁ…って感動したんだぉね。
多分2時間ドラマと思う。北大路斤也が弁護士がなんかのヤツだったはず!
もぅ10年くらい前のだからあんましちゃんと覚えてないけどなー。野球部の役だったはず。
その後も、色んなドラマとかでちょいちょい見かけてたけど、いつも演技力が半端ないんだよね。
むしろウマすぎて周りから浮いちゃうくらいすげぃですぉ、このお方は。
でも、いつもなんだか勿体無い使われかたしてる気がする。
名もない部活の先輩とか、たまに出てくる同級生とか、主人公の好きな女の元カレとか。
ぜーったい主役に抜擢しても耐えうると思うんだけどなぁ。
すげぃもん、あの演技力は。「頑張って演技してます」感のないストレートな感じが大好っき♪

でもリサーチ会社に勤めてる友人の話によると、最近人気者らしい!!
「高橋一生 外山」とか「高橋一生 医龍」っていうので検索されてる件数が多いらしぜぉ!!
確かに!医龍では珍しくちゃんと毎回出てたもんね!!
嬉しさの余り、毎週楽しみに観ていただぉ!!っていうか、あのドラマ、好きな人出まくりだったぉ!!
あれで人気が出たのか!確かに女の子が胸キュンしそうな天のジャッキーな役柄だったもんね!
今もまたドラマ出てるしね!そうか〜、人気者か〜!!
このままもっともっと人気出て、主役を張ってしまうと良いと思う!!!!!
前に主役張ったドラマ「怪奇大家族」の22歳童貞もすげぃ良かったすぉ!!
でも初主演映画「MEATBALL MACHINE」は残念ながらオイラには観れないんだぉ…。
小心者だからスプラッタはおっかなくてダメなんだぉーーーー(泣)

今回のもふわりとストレートな演技で、すごい締まる感じな存在感だった。
計算の無い感じがしながら、きっとこの人は指先ひとつまで気を使ってると思うけど…。
っていうか、指先にすげぃ色気のアル人ですなー。
というかさー!もうさー!パーツフェチ的にクルとこがいっぱいなんすぉ、このお方は!
指先!鼻筋!ぷっくり涙袋!まゆげの形!口角!頬!声!!ほらほらほらほらほら!!
まゆげの形と鼻筋なんかは完璧美だと思うぜぉ!!
頬は昔はもっとぷっくりしててカワユスかったのだぉ。
最近は痩せたのかね?シュッとしまったぉね。それもそれですげぃ色っぽすなぁぁ!!

わー。何こんなに語ってるのだー。オイラ高橋一生様マニアみたいだー!キモーす!!(泣)

あ、話それまくりたーね。映画の話だーね。
そうだのぅ、あとは彼女達のお部屋のインテリアとか、ファッションとかがすげぃカワユイ!!
それを見るだけでも価値ありなくらいカワユイ!!

でもやっぱり高橋一生様ーーー!!
posted by ぺぐ at 23:43| Comment(2) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

『間宮兄弟』

このところ寒い日が続きますのぅ。
寒いのが大嫌いすぉ、オイラ。
だから夏と違って極力室内に篭りまするぉ。
篭る時のお供は映画なのだ!DVD借りまくるのだ!
せっかくだからその感想でも印しておくかのー。

『間宮兄弟』
好きだ!とにかくこの映画が好きなのだ!

人間生きてりゃイヤな事のひとつやふたつあるわけですよぃ。
そういう事があるといくらオイラでもやっぱ凹んだりもするわけですよぃ。
そんな時には「間宮兄弟」なのだ!!

この映画を観るとだね、小さな幸せにもありがたみが出てくるんだぉ。

イヤな事ばっか考えてないでちょっとした出来事にも
幸せ感じて、嬉しくなって、楽しくなって、感謝しようって思えるのだー!

しかも沢尻エリカと北川景子がすげぃカワユイ!!
常盤貴子が美人さんなのに超ダサい感じがしてすげぃすなぁ!!
塚地と広田レオナすげぃイイ味だしまくり!!
そしてなにより佐々木の蔵さんが大好っきなのだーーーー!!兄ちーーーゃん!!

なんでしょうね、あの方は。オイラの心を鷲掴みですぉ。
昔、朝のテレビ小説に出た時に惚れてしまったぉ。
パーツフェチとしては、あの色素の薄いちょっと瞳孔開き気味の瞳が大好っき!
腕は結構筋肉質なのに、胸板が薄い奇跡的な体系が気になって仕方がない!
(ホントに好きすぉ!決してけなして無いすからねぃ!!)

そして何より、演技が好きですぉー。
なんであんなに普通なんすかのぅ。どんな役も素っぺぇすぉ。

実はのぅ…「間宮兄弟」借りたの、今回で5回目なんすぉ…。
「えーっと…以前にも何度か借りてらっしゃるようですが、よろしいですか?」
と、ビデオ屋の店員に毎回毎回、可哀想なコを見る目で聞かれるんぉ。
きっと「こんだけ借りるならいいかげんDVD買えよ」と思われてるに違いない!
素敵姐さんに話した時も「買えばいいのにー」と言われたぉ!
自分でも思うぉ!絶対今後も観たくなるから買うべきなんだぉ!!

現在の悩み→「間宮兄弟」をいつ購入しましょーかね…。

こういう時、変なトコで小心者な自分を恨みたくなるすぉ。早く買えよぃ、オイラ…。
posted by ぺぐ at 22:38| Comment(3) | 観賞日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。